利回りを重視したアパート経営の方法について

アパートの経営は利回りを最優先にした立地と物件が大事

25年前から、東京都足立区と台東区で4軒のアパートを経営しています。
当初は1軒のみでしたは、上手くバブル景気の波に乗ったことで大きな収益をあげることができ、今ではアパート経営者の傍ら不動産投資を専門にしているコンサルタントも務めるまでになりました。
私の経験をここで語ると、アパートの経営は利回りを最優先にした立地と物件を不動産投資に用いるのが良いことがわかります。
まず利回りとは、所有している賃貸物件でどれだけのプラス域となる利益がでるかということを指します。
100%を基準にすると、101%以上の数値を叩き出せればそればプラス収益です。

もしも99%を下回ることになれば赤字となって、毎月支出をオーナーがださないといけません。
末永くアパートを経営していくには、必ず利回りの良さを考慮した経営を心掛けましょう。
ここでコンサルタントという立場と、物件オーナーの両方の立場からどのようなアパートであれば利益を出せるのか、詳しく解説していきます。
まずオーナーは自身の好みを前面に出すのを控えないといけません。
この時、自分が希望する場所に好きな建物を設けてしまうと、経営ではなく趣味または道楽に走りがちです。
金銭的な余裕があって利益を度外視した運営をしたいのであれば、それでも構わないでしょう。

アパートの経営は利回りを最優先にした立地と物件が大事 : 利益を最優先するなら入居者の立場に立って物件を探すべき : 入居者の確保は管理会社に委託するのが良い